石老山の登山を終えた後、道志川に向かった。

やってきたのは青野原キャンプ場。
犬連れOKで、利用料も比較的安く、川遊びに最適な場所である。
前から連れてきたいとは思っていたのだが、公共交通機関でのアプローチが困難な場所だった。
やはり、犬を連れてアウトドアを楽しむには車での移動が必須である。
費用はかさむが、レンタカーは今後も積極的に利用したいところだ。

20110925_石老山と川遊び_038

台風の後だけあって、川の水量はかなり多かった。
水遊びができそうな場所を探す。

20110925_石老山と川遊び_045

ちょうどいい浅瀬があったので、そこでゆめをフリーにした。
水は思ったよりも温かく、膝までつかっても寒さは感じなかった。

ゆめは水の中には躊躇なく入っていくのだが、足がつかないほど深い場所は嫌いらしい。
胸まで水がつかる場所に来ると、急いで岸に戻ってくる。

20110925_石老山と川遊び_042

川の向こう岸をじっとみつめるゆめ。
横顔がたのもしく見える。

20110925_石老山と川遊び_056

足がつかないほど深い場所に入るのは嫌だが、足がついてさえいれば急流も気にしないようだ。
私も足が取られそうになるほどの流れだったが、ゆめはうまくジャンプして乗り越えていた。

20110925_石老山と川遊び_064

台風で流された木の枝があちこちにあった。
ゆめは、水の中にある枝をくわえて引っ張っていた。

20110925_石老山と川遊び_067

枝を引き抜いて持ち上げた瞬間だ。
我ながらいい写真が撮れたと自負している。
水面すれすれにカメラを構えて、ゆめの目線をとらえるようにした。

20110925_石老山と川遊び_072

川岸でおやつを食べて休憩する。
ゆめも食べ物をねだる顔に早変わりだ。

20110925_石老山と川遊び_090

休憩後、もう少し深い場所で遊ぼうと場所を移動した。
私は川に入ってゆめを呼ぶのだが、ゆめは川には入ろうとしない。

20110925_石老山と川遊び_089

すると、ゆめは川岸に置いた荷物の場所に移動して動かなくなってしまった。
私は荷物を濡らすまいと、川に入る前に川岸に置いておいたのだ。
ひょっとしたら、ゆめはこの荷物を守ろうとしてくれていたのかもしれない。
いや、それともただ川の深い場所に入るのが嫌なだけだったのだろうか。

時刻は夕方になろうとしていたので、帰ることにした。
山に川、ゆめにとって盛り沢山な一日だったことだろう。
1歳の誕生日前の良い思い出になったに違いない。

広告